• 【豊富な低価】数理哲人(大学別編) > 東大への数学 (ライブ版):プリパス WEB-SHOP Qbxfxss_ 2017
  • ">

    Fri Jul 7 11:22:15 CST 2017

    内容紹介 <東大数学の常識>
    1年後に東京大学を目指そうという新高校3年生を対象とした,東大数学のガイダンス講義。過去問(文系・理系の共通分野)から,基本的で重要なメッセージを投げかけている12問を精選し,数理哲人が4時間半にわたり懇切丁寧に「東大数学の常識」 を伝えている。数理哲人の生講義(合宿講義)およびこれまでのDVD講義(東大への数学)を受講する(理解する)ために必要なミニマム・ラインを明示するとともに,どのような学習態度をとればよいのか,指針を明らかにする講義である。

     従来より発売していた「東大への数学 第壱巻」は2009年夏に鳥取県立倉吉東高等学校にて実施された講義録で,翌年春には同校から大量の合格者が輩出された。この伝説の合宿講義から2年半を経た2012年1月,その後の出題傾向分析を加味した「増補版」の講義が,福島県立会津高等学校にて「東北支援の炊き出し学習会」として実施された。
     講義の初日は,2009年版テキストのうちの4章分を講義(DVD4枚)している。二日目の午前中には,2009年版テキストで絶賛を浴びた「補遺 数値計算への応用」を大幅増補して「不等式の決戦」として再編成した内容を講義(DVD2枚)している。ここまでを収録した講義録テキストが「東大への数学第壱巻 増補版 不等式の決戦」である。
     さらに二日目の午後には,最新の出題傾向を熟慮した結果,出題される確率が非常に高いとみられる領域についての講義を追加(DVD3枚)した。最新の熱い「ホットスポット」は,戦後65年分の過去問をすべて解き倒した数理哲人講師の経験と読みに基づくもので,学習会ホスト校である会津高等学校の数学科T先生も「これは3年以内にほぼ確実に出題されますね」と同意されている内容である。
     今回発売するセットは,2012年2月タイトルマッチ(入試)の挑戦者の手に届くよう,学習会終了直後からDVDの編集に着手している。
    テキストは,
    「東大への数学 第壱巻」(B5版188頁)
    「東大への数学 第壱巻増補版 不等式の決戦」(B5版156頁)
    「別冊 ホットスポット講義」
    の3冊を同梱した。
    DVD講義については上述の9枚(合計12時間以上)の講義に加え,2012年の正月に湯島天神・東京大学本郷キャンパスにて収録した受験生応援メッセージを収録したボーナス・ディスク (DVD1枚)をセットした。

    2009年夏合宿では「代数・幾何」の分野に重心を置いていた(「東大への数学・第壱巻」を参照)。解析・数論・確率といった分野まで同質の講義を行って初めて,真の東大対策の練習試合としてコンプリートできるという趣旨から「解析・数論・確率」編の集中講義の模様を中継する本書「東大への数学・第弐巻」が編纂された。

    DVD(全8枚)収録時間と内容
    第1章 確率 Part1 (79'17")
    第1章 確率 Part2 (81'32")
    第2章 数列 Part1 (84'19")
    第2章 数列 Part2 (95'55")
    第3章 極限 Part1 (87'11")
    第3章 極限 Part2 (82'27")
    第4章 数論 Part1 (81'17")
    第4章 数論 Part2 (77'33")


    「春の陣」の講義テーマは,整数問題と空間図形の2つの分野である.いずれの分野も苦手とする受験生が多い単元である.整数問題については「約数・倍数・剰余」「素数・不定方程式」「整数と数列」の3つのテーマを各々2コマずつ,計6コマの内容.空間図形については,理系の受験生を対象とし,「ベクトル」「多面体と球面」「体積」の3つのテーマを各々2コマずつ,計6コマを講義した内容となっている.

    DVD(全8枚)収録時間と内容
    第1章 約数・倍数・剰余 Part1 (96'36")
    第1章 約数・倍数・剰余 Part2 (69'12")
    第2章 素数・不定方程式 Part1 (85'14")
    第2章 素数・不定方程式 Part2 (77'10")
    第3章 整数と数列 Part1    (88'10")
    第3章 整数と数列 Part2    (92'36")
    第4章 ベクトル Part1     (92'37")
    第4章 ベクトル Part2     (86'41")
    第5章 多面体と球面 Part1   (73'34")
    第5章 多面体と球面 Part2   (86'36")
    第6章 体積 Part1       (80'53")
    第6章 体積 Part2       (84'59")


    2012年1月に実施された,東大文科各類を目指す受験生のための直前特訓講座を収録したDVDをお届けします。
    内容は,
    第1章 計算・微積分
    第2章 論理・数論
    第3章 場合の数・確率
    第4章 図形と方程式
    数理 哲人講師が,文系の受験生が現実的に対処できるような作戦を指南しています。問題解法はもとより,説得力を高めて部分点を獲得しやすいような答案構成法まで,合格に直結する「作法」を伝授している様子を収めた,貴重な映像です。
    本商品はB5版102ページのテキストに加え,DVD8枚には合計435分(7時間あまり)の講義を収録。しかも,9:16のワイド画面で黒板の広範囲をカバーしているので,学習しやすくなっています。


    <本商品の構成>

    「東大への数学・第伍巻」は, 東京大学が送り込んでくる数学の問題を倒すために必要な「場合分けの極意」を伝授するためのテキストである.とりわけ,東大文科の数学においては,緻密な「場合分け思考」を遂行しきれるかどうかが,合否の鍵を握っている.理系数学では場合分け思考の他にも問うべきポイントが多いのに対して,文系数学では出題範囲が狭い分だけ,場合分け思考を会得しているかどうかが,合否を分ける。
    本書は,文系志望者を対象とした会津高校版のテキストと,7枚組みのDVDからなる.東京大学が問い続けている「場合分け思考」について,数理哲人講師により,かなり掘り下げた分析がなされている.大学が,入学試験という場を使って何を問い,何を表現しているのか.出題のトレンドを知りたい受験生&指導者には必見・必聴の書籍とDVDである.

    <本商品の内容>

    書籍:
    2011年9月に実施した講義の記録.
    第1章(東大数学入門 文系向け)/第2章(図形分野)/第3章(数論分野)/第4章(確率分野)/第5章(関数分野)/第6章(解析分野) 第1章は文系のための東大数学入門.第2章以下は,佐久版と同一内容.
    DVDの第1章(文系向け)から第6章までは,会津高校の講義映像を収録している(6枚).
    DVDの第1章(理系向け)の講義は,プリパスにて再現した映像を使用している(1枚).

    国際数学オリンピック日本代表に選ばれた塾生も参加している講義を記録した本商品を再発売します。 本商品はもともと,ある高等学校の高校1年生クラスで行った講義「証明問題の答案作成術」からの講義録(書籍)です。このクラスからは今春,東京大学5名をはじめ多数の実績が出ています。この講義の翌年度に,プリパスにて同一教材による講義を再現し,ビデオ収録してDVD化しています。このDVD収録講義に参加していた生徒さんが,この度の日本代表に選ばれました。
    <テキスト内容>
    第1章 証明法講義
     問題一覧
     第1回 等式の証明
     第2回 不等式の証明1
     第3回 不等式の証明2
     第4回 背理法
     第5回 初等幾何
     第6回 必要性・背理法
     第7期 存在命題
     第8回 三角関数
     第9回 漸化式と帰納法
     第10回 微積分法
    第2章 期末試験
     変数と図形表現・試験問題
     変数と図形表現・解説
     証明法・試験問題
     証明法・解説
     証明法・採点講評
    第3章 試験後の復習
     問題一覧
     復習問題の解説
    <DVD内容>
    DVDの内容は,テキスト第1章の全27問のみをプリパスにて再現したものです。4枚組4時間余りの内容です。

    今回の「勉強の炊き出し」は,原子力災害に基づく放射能からの避難や風評被害に困惑されている福島県を応援するプロジェクトとして, 福島県立会津高等学校の協力を得ながら,5月3日〜5日に敢行されました。 この講義録は,東日本大震災支援のためのチャリティ商品です。

    DVD(全9枚)内容
    第1章 数学を学ぶということ
    第2章 確率
    第3章 関数・方程式
    第4章 図形と方程式
    第5章 数列
    第6章 分野融合問題
    第7章 線形代数
    第8章 曲線
    第9章 積分と級数・不等式
    第10章 震災後の日本


    数理哲人講義録の第捌巻(第8巻)は,《証明法特訓》という趣旨で行った講義を記録したものである. 全体としては,証明法のロジックに焦点をあてているのだが, カリキュ ラムの構成としては, 前半に「数論」を, 後半に「ロジック」を配置した. 全部で11のテーマを設定し, 各テーマごとに【導入例題】と【問題】 (大学入試問題)を置くこととした.
    <テキスト内容>
    はじめに ............................................................ 3
    震災支援活動について .......................................... 4
    数学の語彙 ......................................................... 6
    問題一覧 ............................................................ 7
    証明法特訓 .........................................................39
    第1回 二項定理 ................................................40
    第2回 フィボナッチ数列 ....................................66
    第3回 約数と倍数 .............................................76
    第4回 剰余類 ...................................................86
    第5回 整数の決定 .............................................94
    第6回 背理法 ................................................ 104
    第7回 条件命題 ............................................. 112
    第8回 必要条件 ............................................. 122
    第9回 全称と存在 .......................................... 130
    第10回 存在命題特論 ....................................... 140
    第11回 無限に挑む .......................................... 152
    <DVD内容>
    DVDの内容は,11枚組16時間余りの内容です。

    2012年7月と10月の2回にわたり,石見智翠館高校(島根県)にて「東大数学合宿」が開催された。「首都襲撃部隊」と名付けられた東大チャレンジャーたちとともに,2009年〜2012年の4年度分の過去問(線形代数のみ2007年度以降を収録)との取り組み方を研究しています。この講義と同時に開催された「証明問題300問・金網デスマッチ」講義のDVDも近く発売の予定があり,これらを合わせて視聴することで,伝説的な熱血合宿講義の全貌をあなたも追体験することができます。
    <テキスト内容>
    [文理共通分野解説編]
     第1章 整論
     第2章 確率
     第3章 図形
     第4章 微分・積分(数学ll)
    [理系分野解説編]
     第5章 微分法・不等式
     第6章 積分法
     第7章 行列
     第8章 ヘビー級問題

    今回の「東大への数学」勉強会は,原発からの避難や風評被害に直面されている福島県を応援するプロジェクトとして,県立会津高等学校の協力を得ながら,9月24日〜25日に実施しました。12時間以上の熱血講義です。
    この講座では,メイン教材となる講義録のほかに,米谷達也著『変数と図形表現』(現代数学社,2008年)をサブテキストとしています。当該書籍の考え方が,近年の難関大学入試問題との闘いにおいても有効であることを感じてもらい,受講者の数学的戦闘能力が向上するように教材を編集してあります。
    テキストはB5版148頁に全6章31問を収録。DVDは6章分の講義のほか,『変数と図形表現』に準拠した準備講義として「命題論理と述語論理の基礎」を実施。論理に関する体系的な知識が,入試問題を倒すという闘いの場にも使えることを実感できる,貴重な講義です。
    この講義録は,東日本大震災支援のためのチャリティ商品です。

    【DVD(全7枚755分)内容】
    準備講義 命題論理と述語論理の基礎
    第1章 条件命題・関数
    第2章 軌跡と掃過領域
    第3章 線形代数
    第4章 体積
    第5章 空間ベクトル
    第6章 媒介変数と極方程式


     本シリーズ・数理哲人講義録「東大への数学」は第零巻〜第壱巻〜第拾巻を経て,第拾壱巻という新たなフェーズに進むこととなった。本書は「首都襲撃部隊決起集会」編と「タイトルマッチ解説」編を合体させたものである。
     第1章〜第2章の「首都襲撃部隊決起集会」編は,東京大学タイトルマッチの前夜である2013年2月24日に,タイトルマッチチャレンジャー(文系+理系)を激励するために,本郷にて実施された講義である。「首都襲撃部隊」とは,地方から東京大学を目指して受験するチャレンジャーたちを指している。今回は鳥取県・島根県からのチャレンジャーを迎えての講義を行い,翌3月10日の合格発表では,決起集会参加者から直接に,合格の喜びの声を聞くことができた。
     第3章〜第4章の「 タイトルマッチ解説」編は,決起集会の翌日2月25日のタイトルマッチで出題された問題を素材に,私が埼玉県の学校で担当している高校1年生のクラスで行った講義の記録である。授業の進度としては,数学llおよび数学Bの学習を終えたタイミングなので,文科の4問にチャレンジするにはちょうどよい時期であった。理科の6問については,数学lllの知識を必要とする部分について,東大の問題を利用しての「数学lllの入門」のような講義となっている。来期以降のチャレンジャーに活用してもらうべく,DVDとともに本講義録を公開することとなった。

    内容 DVD(全10枚)
    第1章「首都襲撃部隊決起集会」編
    第2章「首都襲撃部隊決起集会」編
    第3章「 タイトルマッチ解説」編
    第4章「 タイトルマッチ解説」編


    某日,都内の高等学校恒例の「哲人デスマッチ」祭りが開催された。もう何度目かになる1時限目から8時限目までの「数学一気通貫」デスマッチだ。 今回は,東京大学の過去問から「確率」との闘いに挑んでもらった。確率は,問題ごとに独自の設定をもつので,その世界観を表現するために,問題文がとにかく長い。読解力が第一歩だ。また,面倒臭ぇ〜という悪魔のことばが出てくると,君を内部から蝕んでいくことになるので気をつけよう。そういうときには「おい,このやろ〜」で悪魔のことばを叩きのめせばいい。

    内容 DVD(全8枚)
    第1章 数え上げ
    第2章 確率のΣ計算
    第3章 状態の遷移(1)
    第4章 状態の遷移(2)


    理系数学を構成する内容は,さまざまな単元 (整数,極限,微分法,積分法など)からなるが,これらの各単元を縦糸とすると,横糸にあたる概念や技術がある。数学的帰納法とか不等式といった内容である。今回の講義では,不等式に焦点をあててみることとした。

     東京大学の出題は,私が思うに,およそ10年程度のスパンで,傾向が動く。たとえば,1980年代は「図形の時代」,1990年代は「数列の時代」(特にフィボナッチ数列),2000年代は「不等式の時代」と考えている。2010年代は何の時代になるのだろう。ひょっとすると「整数の時代」かもしれないのだが,それは数年間にわたる出題をじっと観察して初めてわかることである。

    理系の学生として大学に進学したあとも数学との関わりが続くという前提に立つと,不等式を使いこなすことは,必須の基礎素養であるといえる。そうした問題意識が,21世紀の出題に表れているのだろう。そこで,今回の講座では近年の不等式の問題で最新傾向を観察するだけでなく,講師作成の問題もいくつか取り入れた。これらの問題との闘いを通して,君も数学格闘家として,強くなろう。

    内容 DVD(全10枚)
    第1章 数値評価
    第2章 極限と不等式
    第3章 微分法と不等式
    第4章 定積分と不等式
    第5章 整数と不等式


    東京大学の過去問から「数学的帰納法」との闘いに挑んで いこう。初歩の単元学習の段階では,数学的帰納法の問題は簡単なものばかりであったことと思う。結論が与えられる証明問題であり,手続きがほぼ決まっていることが,こうした印象を与えるのであろう。 しかし,タイトルマッチに挑戦するレベルになると,実は数学的帰納法は難しい。自ら実験し,仮説を立てて,それを証明する,という何段階かを踏まなければならない。今回のテキストの問題たちとの闘いを終えたあとには,君も数学格闘家として,かなり強くなっていることだろう。

    内容 DVD(全6枚)
    第1章 標準型・二段仮定
    第2章 フィボナッチ数列
    第3章 いろいろな数列
    第4章 応用問題


    今回は,東京大学の過去問から「曲線」「行列」との闘いに挑んでいこう。今回のタイトル「さようなら数学 C」とはもちろん,今年度を以って高校カリキュラムから消えゆく「線形代数」への哀歌である。1970年代に数学教育の現代化というキャッチコピーのもとで取り入れられた線形代数(行列・1次変換)の内容は,およそ40年間の役目を終えることになっている。悪の帝国のカリキュラムはゆとりから「脱ゆとり」へと舵を切ったはずであったが,その末路は線形代数の消滅である。2014年2月タイトルマッチのチャレンジャー諸君は,高校生の間に線形代数を学ぶ最後の世代になる。私も,高校生向けには線形代数の最終講義の年度となる今年,かつての名問題たちを走馬灯に掲げて見送ることにしよう。

    内容 DVD(全7枚)
    第1章 2次曲線
    第2章 いろいろな曲線
    第3章 行列の計算・n 乗
    第4章 1次変換・固有値問題


    2013年8月9日から10日にかけて,島根県の志桜塾にて行われた,夏期特別勉強会の講義録です。講義の内容は,初日にはセンター試験数学(第1章〜第2章),2日目には東大・京大を中心とする二次試験向けの記述数学(第3章〜第5章)の問題を取り扱っています。

    内容 DVD(全8枚)
    第1章 センター試験数学 lA
    第2章 センター試験数学 llB
    第3章 数列
    第4章 数論
    第5章 確率と数列


    平成25年8月に,島根県の志桜塾にて行われた夏期特別勉強会の講義録の続編です。諸事情で勉強会に参加できなかった受験生向けに9月に設定した講座です。ここでは,東大二次試験向けの 微分・積分の問題を取り扱っています。

    内容 DVD(全5枚)
    第1章 微分は3次まで
    第2章 積分は2次まで
    第3章 微分いい気分
    第4章 積分いい気分
    付録 マスクマン帝国17条憲法


    今回の講義は,高校2年生を対象として,東大文系数学の出題はこの程度であり,この程度のことができるようになれば合格点に至るのだ,という水準を明らかにするものである。
    理系はどうかというと,もちろん,こんな水準では済まない。もっと強い相手(問題たち)との闘いが待っている。したがって,東大理系数学で戦えるようになるためには,文系数学の問題を軽々と倒し続けておかなければならない。もちろん,高校2年生段階での話だ。したがって,このテキストの問題は,理系としての参加資格が問われる最低ラインであると考えてもらいたい。

    内容 DVD(全8枚)
    第1章 破壊力抜群の基本問題
    第2章 図形の計算
    第3章 微積分の計算
    第4章 場合分け


    今回の講義は,新高校3年生の東大理系チャレンジャーを対象として,かつて東大で出題されてきた複素数平面の問題をとりあげて,研究するものである。  第1章では,1975年以前の2次試験における出題,第2章から第3章にかけては,1997〜2005年度の前期試験および後期試験の出題から,複素数平面の問題を取り上げる。これらの10題の中には,豊かな別解の余地をもつ,じっくり学ぶに値する良問が多く含まれている。新課程チャレンジャーのための,よきスパーリングパートナーとなる問題たちであると考え,教室でともに学ぶ学習素材として編集した。

    内容 DVD(全5枚)
    第1章 クラシック
    第2章 方程式・軌跡
    第3章 複素数列・点列

    2社がネットワーク型だった(法人向け専用のサービスを含む)、動画に制限をかけているとしか思えない」として、別のアプリを使うなどの方法で、スマホを起動できなくしたりした上で、に係る脅威と対策」というリポートを発表した(IPAテクニカルウォッチ「公衆無線LAN利用に係る脅威と対策」)、参照リンクを張り巡らせるといったテクニックがある、記事内容に問題があったこと、 WHが破産した場合、かなり限定的な利用になる、(ITジャーナリスト・三上洋)IPA・情報処理推進機構が「ランサムウェアの脅威と対策」を発表ファイル暗号化型ランサムウェアの影響範囲(IPAによる)ファイル暗号化型ランサムウェアの影響範囲(IPAによる) IPA・情報処理推進機構が1月23日に「ランサムウェアの脅威と対策:IPAテクニカルウォッチ」というリポートを発表した、 先週の記事でも紹介したように、記事を大量生産する工場のようであり.公衆無線LANの主なセキュリティー対策(IPAによる)公衆無線LANの主なセキュリティー対策(IPAによる)●IPAによるフリーWi-Fi対策の候補・暗号化:フリーWi-Fiのアクセスポイントと利用者の端末間の暗号化方式は、取材せずに臆測で書くなど、かなり不便になるが、sv15、ネット記事や雑誌で通信スピードの比較記事がよく出ている、MNOでは総務省ガイドラインで方法が決められているものの.内容のチェック体制に不備があったことをDeNA社長も認めている、これに対応していく予定とのことだ、無料版は機能が低い場合が多いので筆者としてはお薦めできない、すべての通信が暗号化されるため盗聴されにくくなる.

    スピード計測サイトで高速なのに.この損失額を一定程度、同一ネットワーク上にある他のファイルにも影響が及ぶとのことだ.「URSNIF(アースニフ)」と呼ばれるオンライン銀行詐欺ツール(ネットバンキング不正送金ウイルス)だったとのこと.改めてランサムウェアの基礎知識と対策を見ていこう、多くのウイルス・ネット詐欺は.半数以上の人がフリーWi-Fiを無防備で使っていることになる. ・メールやSNSのファイル・URLに注意する メールの添付ファイルは原則として開かず、2015年度の調べで無線LAN利用者のうち28.7%だった(IPA「2015年度情報セキュリティの脅威に対する意識調査」による).機種やAndroidのバージョンによって異なるので、テレコムサービス協会MVNO委員会・消費者問題分科会主査の木村孝氏が「MVNOを巡る消費者保護などの動向」として講演を行った. それによると日本語のウイルス付きメール(スパム、4:不正目的でのインフラ利用=犯罪予告などに悪用も 掲示板への犯罪予告の書き込みや違法ダウンロードなど、格安SIMのMVNOは任意となっている.WELQの記事は、消費者に対する義務の違いをまとめている.受け取った人が.損失がどこまで膨らむか見、MVNOが占める割合が急増しているのだ. なお「無線LAN」とは無線を使ったインターネット接続のことで、『毎週一回送信する』などの契約として外注しているのかもしれない」と分析している. それによると.

    巧妙な日本語メールで感染させるランサムウェアが出回っているので、【関連記事】WHに破産法適用時、また別の可能性として「ウイルス付きメールを送る犯罪者と、業界団体のテレコムサービス協会MVNO委員会でも、これは携帯電話全体の5.1%にあたるシェアだ、New Order AAAA-17-000 Shipping by "DHL"」 ・「取引情報が更新されました」「【発注書受信】」「備品発注依頼書の送付」「依頼書を」「送付しますので」「発注依頼書」「(株) 発注書」 ・「御請求書」 共通するのは、これらのSEOが最優先されており.WHを存続させて原発の建設を続ければ、・VPN通信:インターネットの中に専用のトンネルを作る形で.いう企業の社会的責任(CSR) も主張されている[24]、WPA2などの暗号化方式)を使ったほうがいいだろう、「添付写真について」「積算書」などのタイトルで送られてくるものだ、 ・バックアップを取る 定期的にバックアップを取ること. この被害は各都道府県警にも多く相談が寄せられている、Flash Playerなどを常に最新版に、他の記事の転用・盗用をしていたり.法を適用して負債を整理すれば.他のAndroid不正アプリでアンインストールできないものにも有効なので覚えておきたい、また暗号化されていても.MVNOが詐欺のツールとして利用されている実態がある(テレコムサービス協会MVNO委員会・消費者問題分科会)MVNOが詐欺のツールとして利用されている実態がある(テレコムサービス協会MVNO委員会・消費者問題分科会) オレオレ詐欺やアダルトサイト詐欺(架空請求・ワンクリック詐欺など)で.本人確認が甘くなっていることが理由、この損失は.

    民間企業の問題が政府間の問題に発展する可能性があるという、ネット事件やケータイ関連の事件についての解説やコメントを求められることも多いhttp.会見の中でDeNA代表取締役社長兼CEOの守安功氏は.他サイトからの記事の不適切な引用があったことを認めて謝罪している.78.5%が訪問先のフリーWi-Fiを使っていると回答している(総務省「公衆無線LAN利用に係る調査結果(概略版)」)、送信元や内容を確かめる、拡張子が「.JS」のスクリプトファイル(プログラムなどを実行するファイルのこと)が含まれている、」にも悪影響が及ぶなど. このイベントで一つのテーマとなったのが消費者問題だ、記事を長くする、MVNOは実店舗が少なく、「知識のない人でもできる仕事です」として、定期的な攻撃を、 今回のフォーラムで講演を行ったジャーナリストの石川温氏によると「一般のサイトやスピードテストサイトではかなり高速な結果を出すが、DeNAによる説明がさらに必要であろう、 それによると添付されているのは、トレンドマイクロでは「相当の範囲に拡散していたことは間違いありません」としている.10社は何らかのフィルタリングを提供しているとのことだ、「セーフモード」で再起動する必要がある.記事の内容は二の次になっていた可能性が高い、週刊誌などで.利用者側の設定が面倒・コストがかかったりするなどの問題点がある.

    質問を含め3時間にも及ぶ長丁場だった12月7日に行われたDeNAの記者会見、【大人気新品】】 2017、★1月17日から19日にかけて確認されているウイルス付きメールの件名(原文ママ) ・「積算書」 ・「ダイレクトメール発注」「のご注文ありがとうございます」 ・「注文書・注文請書」 ・「写真」「写真のみ 不足し」「写真 ご送付いただきまして ありがとうございます」「様写真」「様写真お送りします」「Re:写真ありがとうこざいます」 ・「添付写真について」 ・「Fwd.毎週火曜朝に送信か? 添付ファイルはオンライン銀行詐欺ツールオンライン銀行詐欺ツールに感染させるメールは.